2015.11.28放送
キャスト
吉野朔子 竹内結子
110番の声 水橋研二
スタッフ
編成企画 増本淳 野﨑理 大木綾子
プロデュース 小椋久雄
脚本・演出 佐藤嗣麻子

あらすじ

 吉野朔子は研究員。ある日、彼女は研究中に後ろから何者かに金属バットで襲われる。気がつくとまるで棺おけのような狭い箱の中に閉じ込められている。
 箱の中にあったスマホと懐中電灯だけを頼りに外界に助けを求める。110番にかけ、助けを求める朔子。警官が研究室に向かうも不審者の形跡はないとのこと。すると突然箱が足元の方へ動いたような感覚と車輪の様な音がする。しばらくすると急にパイプオルガンのような音が響く。110番に伝え、付近にある教会へと警官が向かう。しかし1時間後になっても助けが来ず、しびれを切らし110番へかけ、確認するもその教会にはパイプオルガンはない。手がかりが消え捜索を打ち切られてしまう。その後彼に電話をかけ、捜索願いを出してもらおうとする。しかし一瞬声が聞こえたものの彼には伝わらず、やがてスマホの電池切れになり発狂し、幻覚を見る朔子。
 場面が変わり、病院で寝ている朔子。医者はこう言う。「脳幹出血を起こしています。出血した時、本人には何かで殴られたような衝撃があったはずです」
 動いた感覚と車輪の音は担架で運ばれる音。パイプオルガンはMRI検査の音。一瞬聞こえた彼の声は、病院に駆けつけた彼の呼びかけ。幻覚を見た時はライトで瞳孔のチェック。箱の中で起きた様々な現象は、現実世界で起きていた事柄が反映されて起こっていた。
 医者「意識が戻るかどうかはわかりません。今は植物状態のような状態です。何かを感じているかもわかりません。意思を伝える手段がありませんから」
 狭い箱の中で声を荒げ、延々と助けを求める朔子。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-09-23 15:01:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード